So-net無料ブログ作成

土井。の存在。なぜかおもわず忘れている。 [土井地区]

 

110823.jpg

 

なんども言うが彦崎には
さらに小分類の地名が存在する。
「馬場」「狐崎」「札場」「中村」
「大谷」「用木」「大久保」
「奥谷」「片屋」「磯」と。
そして、「土井」と地名が存在する。
それってどこだっけ?


そういえばあったな?と。
しかし、どこだったかハッキリ思い出せない。
「土井」。そういえば駅前周辺が地名がこれといってないので
いわゆる駅前周辺のことだろうか?
町史によると
11)土井──西土井、東土井とあり。城の入り口の土塀あるいわ
  汚物を捨てるところの意。というかなりデリカシーないことが書かれている。

彦崎貝塚は西ノ土井に属するということなので
狐崎横が土井ということか?
しかし、以前磯と奥谷の中間「藤原鉄工所」があるあたりが
土井と呼ばれていつと聞いたことがある。
ここが東ノ土井ということなのか?
そういえば去年の12月にもこの疑問をブログにぶつけている。
http://hikochu.blog.so-net.ne.jp/2010-12-02
その際は「西新田」がこの土井ではないかと問いている。

とにかくこの「土井」のエリアがいまいちわからない。
西ノ土井が彦﨑貝塚であることは間違いないことで
普通で考えれば東ノ土井は彦崎小学校下、札場横ということだが
もしかして飛び地で磯の東ならかなりおもしろいことになる。
年配の人に聞けば一発でわかることだが
いろいろと悩んでもみたいものだ。

「土井」はどこだ。

また、今回町史に
「木戸口」──とんきり場の入り口にあたる木戸があった所の意。
「木藤羅」─同木戸の裏手の意
という地名発見。これはまったく聞いたこともみたこともない。


写真は噂の磯東にある土井?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0